システムエンジニア人口維持のための独立

ソフトウェア開発の仕事では、プログラマーに加えてシステムエンジニアが多く活躍しています。プログラミングの技術を持っているというだけでなく、ソフトウェア全体の設計ができる能力を持ち、クライアントとも仕事で関わることが多いです。

しかし、システムエンジニアの仕事は徹夜が続く事もあり、必ずしも余裕を持って仕事ができる職場の環境ばかりではありません。こうしたエンジニアの労働環境から逃れるため、他の仕事へと転職してしまうエンジニアもいます。しかし、これまで培ってきた技術を無駄にすることは問題があります。他の職業へと仕事を変える前に、まずは独立してシステムエンジニアとして再出発するという判断ができます。ソフトウェア開発で設計ができるエンジニアは、その人材が不足しがちであり、これからもっと労働者人口を増やしていかなければなりません。

そこで、システム開発のエンジニアとしての仕事に留まりつつ、労働環境を改善する手段が選べます。独立したからといって、必ずしも労働条件が改善するというわけではありません。選ぶことができる選択肢が増え、立ち回り方次第ではもっと大きな収入を得ることも可能です。一度は限界と感じていた仕事も、働く立場を変えてみれば問題が解決する可能性があります。人によっては、独立してフリーになったほうが、エンジニアとしての持ち味を活かせるといった事もあり、試してみる意味は大きいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です